不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

16 その他

わが家には今7歳の小型犬がいます。

ブログではあんまり話題にしてこなかったのですが、この子がとっても賢くてかわいくて、本当にわが家の癒しです。

不登校以降、低いところを浮いたり沈んだり繰り返している娘ですが、犬なりに娘の落ち込みがわかるようですよ。

続きを読む

前回の記事で、義父が退院したことを書きました。

退院する日の朝、私が最近知り合いになった方から、
「岩手の実家からりんごがいっぱい送られてきたから、夕方用事でそっち方面に行くのでおすそわけしたい。」
とラインが届きました。

続きを読む

みなさん、こんにちは。

みなさんは、東京大学先端科学技術研究センターと日本財団の、異才発掘プロジェクト『ROCKET』をご存知でしょうか?

小中学生の不登校傾向にある子どもを対象に、プロジェクトがスタートしたのは2014年です。


続きを読む

みなさん、こんにちは。
今回もお知らせです。

私が家族支援カウンセラーの資格を取った時に知り合った「りたりこジュニア」の方から、イベント開催の連絡がありましたので、ここでもシェアさせていただきます。

続きを読む

私がお世話になっていた学びリンクのホームページで、京都の「すずかげ教育相談所」所長だった金馬宗昭先生の訃報を知りました。

昨年末に公表されましたが、ご遺族及び関係者の意向で、それまで訃報については差し控えていたそうです。

続きを読む

年明け最初の記事です。
今年もよろしくお願い致します。


年明けですが、人の生き死ににカレンダーは関係ないですね。

元日の朝刊で、「置かれた場所で咲きなさい」の著者であるノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが、年末にお亡くなりになったことを知りました。


続きを読む

↑このページのトップヘ