不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

【このブログは更新を停止しました。新しいブログはこちらhttps://ssbluesoudan.hatenablog.com/

4 不登校

どんなトラブルでも、芽が出る前の予兆の時に気づいて対処すれば、大ごとにならずに済むことはあります。

風邪とか腰痛みたいなもんです。


でも、家族や子どもの悩みは、大ごとになってからでないと、なかなか気づけないものですよね。

不登校もそうです。


続きを読む

登校しぶりになっている、中学生、高校生くらいの子どもは、明らかに自分で生きづらさを感じています。

自分はどこかおかしいんじゃないか、何かの病気なんじゃないか、と不安になり、自分でも調べています。


続きを読む

世の中には、まだまだ不登校は悪いこと、というイメージが根強いですね。


道を謝った、明るい未来はない、と心配するご両親、

なんとかして学校に来させようとする先生、

続きを読む

私はここでこうしてブログを書いていますし、ホームページでは『受容までの道のり』として文を載せていますので、

子どもの不登校やひきこもりで悩んでいるお母さん、お父さんが検索してたどり着き、コメントやメッセージを送ってくださいます。


続きを読む

うちの娘は、中学2年生の時に不登校となり、その後一切勉強から遠ざかったままでした。

一応高校は通信制サポート校に入学したのですが、授業は数回受けただけで、1年生の夏休み前に自主退学。


続きを読む

自分が生きていることにさえも罪悪感を抱いている思春期ブルーの子ども。


不登校になった理由や
生きづらさを感じる理由、
思うようにならないわけ、

こういうことを考え続けていますが、明確な答えが出ないまま、もやもやが続くようです。


続きを読む

真面目な親に育てられた子どもは、不真面目が理由で不登校になっているわけではありません。

本人は、至って真面目に不登校をしているのです。

たくさんの罪悪感と戦って、疲弊しています。


続きを読む

登校しぶりや不登校になっている思春期ブルーの子どもは、みんなが普通にしていることができないことに、強い罪悪感を抱いています。


続きを読む

荒れてきた思春期の子どものことで悩むお母さんに対して、先生とかカウンセラーさんではありませんでしたが、人から相談を受けることがお仕事の方が答えていました。


続きを読む

↑このページのトップヘ