冬休み、進路決定シーズンということで、辛くなる若者が多くなる時期だそうです。

なので、今回はいのちの話。


私は、命よりも大事なものはないと思っています。

子どもが学校に行けなくても、ひきこもりでも、生きてさえいればそれでいいのです。


人は、どのみちあちらの世界に帰りますね。

なのになんでこんなに苦しみながら生きなくてはならないのでしょう。


それをひと言でいうならば、人はたましいの成長のために生きているからです。

そして、そのたましいというのは、肉体を持つことで成長するんですって。


喜怒哀楽、すべての経験、感動は、からだと心がないと体験できませんから。

だから、生き切ることがとっても重要なんです。



子どもの不登校もひきこもりも、親として成長する貴重な経験です。

当事者の子どもも、必ず成長しています。


学校は、命よりも大切なことではないはず。

身も心も擦り減らして行くところではありません。

命あることが大切なのです。



しかし、子どもの不登校やひきこもりで悩んでいる親ごさんの中には、この子さえいなければ、と思ってしまう方もいることでしょう。

その思いは、健全な精神状態をキープできていないという証拠ですので、なるべく早く第三者に相談してください。



子どもが自ら命を落とす、
家族間での殺人が起きる、

こうした事件が後を絶ちませんが、背景には誰にも相談せず、自分だけ、あるいは家族だけで問題を閉じ込めていた共通点があるとのことです。


そうなる前に、外の人とつながってくださいね。



実は、そういう私もかつて娘との激しい葛藤の中で、お互いに命の危険を感じた時期もありました。

私自身、(この子のせいで…)と思いながら過ごしていたのです。


私は、娘よりもまず私に助けが必要なんだと気付き、
一線を越えてしまわないよう、いろんな人に相談しました。



そして、知りました。

時が流れれば、心配ごとは必ず変化するのです。

いつまでも同じ状況ということはありません。



真っ暗な暗闇の中みたいに感じても、

先に出口のあるトンネルにいるのです。

ちゃんと、出口に向かって進んでいるんですよ。

そのうちに出口の光が見えてきます。



人間ですからね、悩みや心配ごとは付きものですけど、その時々で中身は変わってきますから。

生きてさえいれば、そういうこともわかってきます。




今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。  



【読者の方へのお願い】
下の2カ所のクリックも、もしよろしければ毎日お願いいたします。

海野のブログを応援してくださる方は、ぜひ人気ブログランキングにほんブログ村のバナー2か所を、1日に1回ずつ押してください!





クリックしたら出てくるランク一覧の中から、もう一度『思春期ブルー相談室ブログ』を探して押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


他にも、こちらの記事から参考になるものが見つかるかもしれません。

発達障害・不登校 



不登校、ひきこもり、発達障害など、
生きづらさを抱えた親子が、いきいきと暮らせますように。

少しでもお役に立つヒントをお届けしていきたいと思っています

そして、これから必要な人につながっていきますように



家族支援カウンセラー  海野しぶきでした





  
不登校・ニート・ひきこもりの家族に贈る 気持ちを切り替える力[レジリエンス]  
森薫 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット 





子どもと夫を育てる「楽妻楽母」力
森薫




  
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンット  




思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   






IMG_5675







『思春期ブルー相談室』カウンセリングメニュー
  対面カウンセリング ▷
  電話カウンセリング ▷
  メールカウンセリング ▷
  別室「思"秋”期ブルーのへや」 ▷