自分が生きていることにさえも罪悪感を抱いている思春期ブルーの子ども。


不登校になった理由や
生きづらさを感じる理由、
思うようにならないわけ、

こういうことを考え続けていますが、明確な答えが出ないまま、もやもやが続くようです。


思春期ブルー相談室では、子どもの思春期ならではの苦悩を、ST(スペシャルタレント)気質から来るものと考えているので、

親が子どもの気質に気づいたら、子どもにもST気質であることを伝えることをおすすめしています。



私の娘の場合ですが、自分のことをST気質だと理解した途端、すべてに納得し、もやもやがだいぶ解消されたようです。

罪悪感が消えたわけではありませんが、自己理解が深まった分、自己肯定感は持ち直し、自分のことを認められるようになりました。


私もそうでしたが、娘自身も「ADHD」「発達障害」というのは、負のレッテルにしかならなかったのに、「ST気質」はプラスに働いたわけです。


これはものすごい変化でしたよ。


不登校にも、
体調不良にも、
感覚の過敏さにも、
理由があることがわかって、それを自分で説明できるようになったのですから。


自分を否定的にしか見ていなかったのが、肯定できたのですから、その差は大きいです。


ST気質だとわかったからといって、すぐに元気が回復し、不登校が治ったわけではありません。


しかし、漠然としたもやもやの中にいるのではなく、ひとつの指標が持てたこと、

しかも家族で共通の価値観を持てたことは、物事をシンプルに考えるきっかけになったような気がします。


そして、何もかも母親の私が一人で背負っていたのがうそみたいに、家族がひとつのチームとなれました。


今、思春期ブルー中の子育てに苦戦しているお母さん、ぜひトライしてみてくださいね。

一人で考えるのが不安な方は、私を頼ってください!

一緒に作戦を考えましょう(^。^)




ということで今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。  



【読者の方へのお願い】
下の2カ所のクリックも、もしよろしければ毎日お願いいたします。

海野のブログを応援してくださる方は、ぜひ人気ブログランキングにほんブログ村のバナー2か所を、1日に1回ずつ押してください!





クリックしたら出てくるランク一覧の中から、もう一度『思春期ブルー相談室ブログ』を探して押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。



不登校、ひきこもり、発達障害など、
生きづらさを抱えた親子が、いきいきと暮らせますように。

少しでもお役に立つヒントをお届けしていきたいと思っています

そして、これから必要な人につながっていきますように



家族支援カウンセラー  海野しぶきでした






子どもと夫を育てる「楽妻楽母」力
森薫




  
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   





IMG_4823









『思春期ブルー相談室』カウンセリングメニュー
  対面カウンセリング ▷
  電話カウンセリング ▷
  メールカウンセリング ▷
  別室「思"秋”期ブルーのへや」 ▷