真面目な親に育てられた子どもは、不真面目が理由で不登校になっているわけではありません。

本人は、至って真面目に不登校をしているのです。

たくさんの罪悪感と戦って、疲弊しています。


私のブログを好んで読んでくださっている読者の方は、

世間体を気にした親のプライドより、子どもの命が大切だと私が考えていることはわかっていらっしゃると思います。


そんな私自身、娘の発達障害の診断や不登校を通して、自分なりに道すじを立ててやってきましたが、

親がどんなに自分の考えを変えて、子どものすべてを認めていても、

子ども自身が自分のことを認められるようになるには、ものすごく時間がかかるようです。



不登校も昼夜逆転もゲーム依存も、
すべて、今の子どもには必要なこと。

だから罪悪感を持たずに、自分のしたいこと、やれることをして生きていればいいのだ、

とにかく生きていることがありがたいのだから。

と親が先に思えるようになっても、子どもは(今のままじゃダメだ、なんとかしなくては)
と焦っています。


それほど、親が最初に植えつけた価値観というのは強力なもの、ということ。


それでも、親が子どもを認めることは、家族崩壊を防ぐことにつながるのです。


お母さんが家族を大事にし、今のままの子どもを大事に思う気持ちがあれば、

子どもにも、自分自身を大切にしようという気持ちが芽生えるからです。


なので、お母さんは焦らず、どっしりと、にっこりしていてくださいね!




今回の記事は以上です。

お読みいただきありがとうございました。  


【読者の方へのお願い】
下の2カ所のクリックも、もしよろしければ毎日お願いいたします。

海野のブログを応援してくださる方は、ぜひ人気ブログランキングにほんブログ村のバナー2か所を、1日に1回ずつ押してください!





クリックしたら出てくるランク一覧の中から、もう一度『思春期ブルー相談室ブログ』を探して押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。



不登校、ひきこもり、発達障害など、
生きづらさを抱えた親子が、いきいきと暮らせますように。

少しでもお役に立つヒントをお届けしていきたいと思っています

そして、これから必要な人につながっていきますように



家族支援カウンセラー  海野しぶきでした






子どもと夫を育てる「楽妻楽母」力
森薫




  
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   






IMG_4825








『思春期ブルー相談室』カウンセリングメニュー
  対面カウンセリング ▷
  電話カウンセリング ▷
  メールカウンセリング ▷
  別室「思"秋”期ブルーのへや」 ▷