前回の記事を書いて、わが身を振り返ってみると、

私は娘が不登校になるまでは、とても感情的なタイプだったと思います。


それが、娘のおかげでいろいろと物ごとを考えるようになり、多少は前向きになりましたし、理性的になったとも思います。


嬉しいとか、楽しいの表現はむしろ以前よりするようになり、

気づけば、あんまり怒らない人になったような気が…。


今の私は、感情的に怒るのは恥ずかしいことだと思いますし、怒っている人を見るのも気分がよろしくないので、テレビのワイドショーなどは何年も見ていません。


しかし、自分で選べるテレビなどはいいのですが、外に出ると感情的に怒っている人が実に多くて、驚いてしまいます。


街でくどくどと子どもを怒っているお母さんと同じエレベーターに乗り合わせてしまったり、信号待ちで居合わせてしまうと、いたたまれなくなってしまいます。

私は一緒に怒られたような気持ちになっているのですが、何もできません。


怒られっぱなしの子ども。

よくこんな侮辱に耐えているなーと思います。


もう慣れっこになっているのかもしれないけれど、すごいストレスですよね。

しかも見ず知らずの他人がいる前で怒られるのですから。


ST気質の子だったら、このストレスは重すぎます。


信号が変わって動き出すとき、私は子どもに向けて、心の中で「かわいそうに。がんばれ!」と言っちゃいます。


そして、いつか子どもから仕返しされる前に、お母さんが気づけばいいな、と祈るのです。



今回の記事は以上です。
お読みいただきありがとうございました。  

ぜひ、人気ブログランキングとにほんブログ村のバナークリックもお願いします❗️





発達障がい児育児



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




不登校、ひきこもり、発達障害など、
生きづらさを抱えた親子が、いきいきと暮らせますように。

少しでもお役に立つヒントをお届けしていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

そして、これから必要な人につながっていきますように



家族支援カウンセラー  海野しぶきでした







子どもと夫を育てる「楽妻楽母」力
森薫




  
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   






IMG_3755