Eテレで『世界の哲学者に人生相談』という番組があります。

なるほどなぁと思ったり、いろいろ考えさせられたり、とてもためになっています。

その番組で、「幸福論」の哲学者、アランの言葉が紹介させていました。

こんな言葉です。




悲観主義は感情によるもの

楽観主義は意志によるものである




ーーーーーーーー


……なるほどっ!!


人というのは、自然に任せていれば脳がネガティブな方へとどんどん流されてしまう、ということを以前読んだ本から知識を得ましたが、

要するにそれは、感情的だ、ということなんですね。


一方の「楽観主義」「前向きさ」「ポジティブさ」というのは、

負の感情に流されず、自らの意志の力でするもの…

そう考えると、「楽観的な人は理性的である」、と言い換えられるのかもしれません。



そして、ポジティブな考え方をしている人こそ、実は深い悩みを経験した人と言えるのではないでしょうか。


つい自然と流されていくネガティブな感情にストップをかけて、ポジティブに切り替える力を身につけているからです。



番組に出演していた方々も、みなさんそれぞれに壮絶な経験をしていらっしゃいました。

悲観的な様子、マイナス方向への感情的な様子を見せないのは、理性が優っていて、自分の意志でポジティブを貫いているからなのかな…?



ポジティブさは、明るさともちょっと違う、意志力のあるもの。

苦労を乗り越えた人だけが持てるものなのかもしれませんね。



今回の記事は以上です。
お読みいただきありがとうございました。  

ぜひ、人気ブログランキングとにほんブログ村のバナークリックもお願いしまーす!




発達障がい児育児




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




不登校、ひきこもり、発達障害など、
生きづらさを抱えた親子が、いきいきと暮らせますように。

少しでもお役に立つヒントをお届けしていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

そして、これから必要な人につながっていきますように 



家族支援カウンセラー 海野しぶきでした





子どもと夫を育てる「楽妻楽母」力
森薫




  
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   






IMG_3757