前回の続きです。

これまでの記事で、お正月の食事会に余裕を持ってしたくするつもりでいたのに、私のひと言「(洗面所に)入ってくれば」でフリーズしてしまった娘のことを書いてきました。


娘は、私の声や言葉に反応してフラッシュバックを起こしているのかもしれないと気づき、私から娘にフラッシュバックについて説明しました。

けれども、きっかけとなった張本人から言われても、聞く耳持てないですよね…。

娘にとって正しい情報として入っていくには、難しい状況だと思いました。


以前ドクターから、フラッシュバックを逃す方法として、何か好きな感触のものをニギニギすると良いと聞いていたので、娘にそう言ってみましたが、固まったまま拒否。

でも、私はチャレンジャーなんですよね。

ならば私が、と無謀にも思いつき、娘の手先を右手左手と交互に握ってみようとしました。

しかしこの状況では、やはり無理。

じゃあ足でもいいやとちょっとトライしましたけど、これも嫌がられるだけでしたね。


それで娘の部屋を出て、時間も時間だったので、私たち夫婦だけで食事会に行くことにし、したくを終わらせました。

12時に出ればちょうどいいくらいに到着するのですが、家にいても仕方ない、10分くらい早めに出て、向こうでおとうさんを待とう、ということに。

そしてコートも着て、ハンカチを取ろうと洗面所に入ると、なんとそこに娘がいました!


「あと何分で出るの?」

と聞きながら、髪の毛を結んでいます。

「今出るとこ」などと言ったら、またベッドに逆戻りになってしまうだろうな、と思っていると、娘が

「もうお風呂入んなくていいから。
髪の毛結んじゃえば(入浴していないことが)わかんないでしょ?
個室だから他の人にそんなに会わないし。」

と言っています。


私:「うん、そうだね!その通り、その通り!

おじいちゃんとは12時20分にレストランで待ち合わせしてるから、パパの足だったらあと15分くらいはうちにいられるの。

おじいちゃんも歩いて行くって言ってたから、とにかく二人に先に着いてもらえばいいよね!(と、夫に向かって言う)

(娘に振り返って)私たちは歩くの遅いし、二人が着いてれば、少しくらい遅れたって問題ないんじゃない?

嫌じゃなければ、自転車でもいいし。

その方が早いから、寒いけど時間は短縮できる!」


娘:「自転車にする。だから、自転車乗れる服にしなきゃ。」


と言って、そこからは大特急!


夫も私も急展開にびっくりしましたが、話してる間もないほどでした。

夫には先に出てもらって、私と娘は後から自転車で行きましたが、大幅に遅れることもなく、一旦エンジンがかかってからの娘は順調でした。


駐輪場に自転車を置いて二人並んで歩いた時は、娘の方から手をつないできましたよ。

手をつないでくるなんて、一体いつ以来だろうと思い出してみましたが、おそらく通信制高校の受験日に、駅まで歩いた時につないできたのが最後です。

ちょうど3年前ですねぇ…。


あの時は緊張からハイテンションになってそうしたんでしょうけど、今回は何かなぁ?

大荒れの後の素直タイムで甘えてるのかな?

それとも、自力でフリーズから復活できて、本人なりにハイテンションなのかな?


結局娘とは「これがフラッシュバックだったんだね。」という会話はしていないので、どんな風に解除したのか、全くわかりません。

ほんとに、よくあの状態から立ち直ったと思います。

計画していた準備のほとんどをあきらめる潔さも、大したものです。


とりあえず、なんだかすごい3時間半でした。


こうして、3人かもと思っていたお食事会が、予定通り4人でできました。

もしかしたら、一番喜んでいたのはおじいちゃんだったかもしれませんね。


お読みいただきありがとうございました。  




海野しぶき





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 





これから必要な人につながっていきますように





  
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




  
不登校・ニート・ひきこもりの家族に贈る 気持ちを切り替える力[レジリエンス]  
森薫 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   





IMG_1585











<PR>