お正月、家族とおじいちゃんとの食事会を楽しみにしていた娘。

3時間かけてゆっくりしたくして出かけるつもりでいたのに、私のひと言「入ってくれば?」がきっかけでフリーズしてしまいました。

これが『フラッシュバック』なのではないかと私が気づいたのが、出かける時間の1時間半前のことです。


こういう時、私たち夫婦は全く違う反応をします。

夫は、非常にネガティブな反応。

基本ずっと「最悪だ」と言ってます。

「最悪の結末だ。」
「いやまだ始まっていないんだから最悪の始まりだ、か。」
「とにかく最悪の幕開けだ。」
「こんな最悪の年明けになるなんて。」


まさに負のループ!


よくぞここまで「最悪」のバリエーションが出てくるものだと感心してしまうほどずっと言ってます。

負の感情に飲み込まれて、解決策を考えようと理性的になれなくなってしまうんですね。


私は夫とは全く違う反応で、今回は扉が開いたような感覚でした。

確かに、フリーズしている娘に毎度毎度不毛な言葉をかけている時間はどんより気分なのですが、今はその理由がわかりかけているのです!

次に娘の主治医に相談する内容ができましたし、解決に向けての第一歩を踏み出したような気持ち。


ネガティブ夫にもそう言うと、「最悪」は引っ込めましたが、「レストランに人数減るって連絡した方がいいかなー。」とか言いながら、イライラした様子。

時間はどんどん迫りますし、とにかく義父には電話して、「残念だけれども娘は行けなくなってしまった。今日は3人の食事会になるけれども、ごめんなさい。」と伝えました。


そして、次にできることを考えます。


私は、フリーズの原因がわかりかけていることを、娘にも伝えることにしました。

このまま置き去りにして何時間も固まらせたまま出かけるよりは、予想とはいえ、私の考えを伝えた方がいいと思ったのです。

夫は「もうやめろ」と言いますが、現状、うちには私か夫しかいないわけですし、どちらかがやるしかありません。

夫から娘に話したら、娘に恐怖心を与えていた数年前の記憶が蘇る可能性もあるわけです。

それに、こういうフリーズの場に夫が居合わせたことは圧倒的に私より少ないので、慣れていません。

もうここは、事態が悪化しても、悪者となっても、一か八かで私がやるしかないのです。


娘の部屋に入って、側に寄っても、ピクリともしません。

名前を呼んでみても、先ほどと同じく「じゃま!」というお返事。

寝ているように見えても全然そうではなく、口調はとてもはっきりしているので、頭の中は完全にぐるぐるなのだと思います。


「あのね、ママの言葉を聞いてフリーズになってしまったみたいだから、きっかけを作ったママから言われても嫌な気分になるだけかもしれないけど、今は言う人がほかにいないから、とりあえず我慢して聞いてね。

さっき、あんなに頑張って起きてきたのに、急に嫌な気分になったのは、ママが『入ってくれば?』って言ったのがきっかけだと思うの。

パパが洗面所にいて入れなかったから、一旦カウンターのとこに来たでしょ?

で、洗面所が空いたから使えるようになったよ、という意味で言ったんだけど、急に顔付きが変わったのよね。

これって、多分『フラッシュバック』じゃないかと思うんだ。

前に〇〇先生が話してくれたことがあって、そん時はよくわかんなかったけど、今日は明らかにママの言葉を聞いてからこうなったよね。

それでベッドに潜り込んでからも、中学のときみたいなこと言ってるもの。

『じゃま!』とか、『決めつけるな!』とかは、あの頃に言ってた言葉だもんねー。

こういうのが『フラッシュバック』なんじゃないかと思うんだけど、どう思う?

先生は、触ると安心する好きな感触のものを握るといい、って前に言ってたけど、あなた特別好きな感触のものもないのよね。

それでお守り代わりにってことになって、前にブレスレット作ったんだけど、それする?」


と、ここまで説明して、ブレスレットを探し出し、娘の手に持たせようとしましたが、案の定
「……いい!いらない!」
と拒否されました。


心配している夫も娘の部屋に入って様子を見に来ましたが、激しく拒否する娘を見て、「行こう」と娘の部屋を出ました。


こうなってみると、これまで娘のトラウマの一部を作ってきたのは私なわけだし、その私のひと言がきっかけでフラッシュバックしているのですから、私が娘にどんなに声をかけようと、結局は辛かった当時のことがいろいろと呼び起こされてしまうのかもしれません。

親子関係が複雑なところですよね。


今回も長くなってしまったので、この続きは次回にします。


お読みいただきありがとうございました。  




海野しぶき





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 








  
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




  
不登校・ニート・ひきこもりの家族に贈る 気持ちを切り替える力[レジリエンス]  
森薫 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  




思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット   




IMG_1327











<PR>