娘が発達障害とわかってから、関連する本をたくさん読みました。

発達障害(ADHD)の解説本、
当事者の方が書いたエッセーや漫画、
論文的な本、
脳の本、
海外版発達障害児の子育て法、
などなど。

診断から1年後の中学2年秋からは不登校が本格化して、家には不登校関係の本も追加されてきました。

しかし、ある時テレビで発達障害特集を見て、当事者の子どもが
「家に発達障害の本があるのがイヤだった。隠しているつもりでも、 また本棚に増えてるのがわかると、自分が否定されている気がした。」
と言っていました。

それを聞いて、猛反省。
ST気質の子は目がいい子が多いので、新しい物が家にあったらすぐ気づきますからね。

それ以降は、なるべく関係本は電子書籍にしています。
たくさんあった本は、ほとんど寄贈しました。
でもどうしても手元に置いておきたかったのがこの一冊。


未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち 不登校・ひきこもりの解決方法 / 森薫(教育) 【本】


Amazonで探す
楽天市場で探す
セブンネットで探す

ST気質だからこそ、子どもは自分の命を守るために 不登校を選んでいることがよくわかる本です。
電子書籍化されていないのが惜しいところ。

なんでも出版の世界では、不登校業界(と言うんだそうです!)は そもそも売上部数が少ないとか。
もっともな話ですが、大手でないと電子書籍化は難しいのかもしれませんね。
よって、本当に読みたい本ほど電子書籍にはなっていないものなんですけど。
出版界が変わることを期待してます。

お読みいただきありがとうございました。 
海野しぶきでした。
        ↑ 
ブログのランキングページに移動することでインポイントが入ります。
        ↓




『思春期ブルー相談室』カウンセリングメニュー
  対面カウンセリング ▷
  電話カウンセリング ▷
  メールカウンセリング ▷
  別室「思"秋”期ブルーのへや」 ▷