不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

2018年10月

発達障害、及びその周辺のグレーゾーンを含めたST(スペシャルタレント)気質、いわゆる育てにくい子、といわれる子どもを持つお母さん。


赤ちゃんのころから迷いながらの子育てで、いつもいっぱいいっぱい。

ストレスが溜まりに溜まっている方も多いのではないでしょうか。



続きを読む

『受容までの道のり』ぷちヒント



前回の記事では、

「親からは話しかけない」をやろうとすれば、それだけで親が変わってくるのだ、ということを書いておしまいとなりました。


実は、この話にはもう一つ大事なポイントがあるので、今回は続きを書きますね。


続きを読む

『受容までの道のり』ぷちヒント



思春期ブルーになっている子どもへの対応として、過干渉と過保護について、思春期ブルー相談室としての考え方を説明してきました。


過干渉がどんなことで、過保護にするとはどんなことか、区別がつくようになっている方に、ぜひ考えていただきたいことがあります。


続きを読む

『受容までの道のり』ぷちヒント



なかなか過干渉が抜け切らないお母さんから出てくる言葉、

「見ないようにしています。」

「放っておけばいいってことですね。」

「無視するようにしています。」

「反応しないことにしました。」

「そっと見守ることにしました。」

などなど……。


続きを読む

↑このページのトップヘ