不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

【このブログは更新を停止しました。新しいブログはこちらhttps://ssbluesoudan.hatenablog.com/

2018年09月

人は、この世に生まれたからには、絶対に死にます。

生まれる時は、必ずお母さんのからだから出てくる、という共通点があるものですけど、この世の去り方は本当にいろいろですね。


続きを読む

いつもブログを読んでくださっている読者のみなさん、こんにちは。

前回の記事では、今週末に行なう予定でいた「おしゃべり会」中止の報告をしました。


続きを読む

いつもブログを読んでくださっている読者のみなさん、こんにちは。

突然ですが、9月30日に予定していた「おしゃべり会」は、義父危篤のため、中止することとしました。



続きを読む

先日NHKのEテレで、更年期を快適に過ごす工夫として、自律神経研究の第一人者である順天堂大学の小林弘幸先生が、とってもいいキーワードを教えてくれました。

「更年期には、なまけ上手になれ!」

続きを読む

ここ数年、親の介護や娘の不登校が重なって、人付き合いもだいぶ縮小していた私です。

短期間に何度も引越したこともあり、年賀状も届いた人にだけ返事を出すくらいで、ほんとに限られた人とだけ。


続きを読む

娘、これまでSNSで自分の状況について、特に触れてこなかったそうです。


仲良くなった子と個別に連絡を取り合って、話の流れで「学校は行ってない」と伝えることはあったとのこと。


続きを読む

ここのところ、このブログでは、18歳のひきこもり娘が高卒認定試験を受けることになってからの数ヶ月のことを、一気にお届けしてきました。


続きを読む

前回の記事で、家庭教師の先生に手伝ってもらいながら願書の記入をした娘のことを書きました。


そのほかの書類は私が用意すればいいんですけど、代われないのは証明写真です。


続きを読む

前々回の記事で、高卒認定の過去問集を何軒か書店を回って買ったことを書きましたね。



続きを読む

↑このページのトップヘ