不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

【このブログは更新を停止しました。新しいブログはこちらhttps://ssbluesoudan.hatenablog.com/

2017年10月

子どもが思春期で不登校になると、大抵の家庭で悩まされるのがゲームやスマホの依存です。

わが家でも、娘が中学2年生の冬に本格的な不登校になったころは、スマホが家族のトラブルの元でした。

続きを読む

先日行なわれた、家族支援メンタルサポート協会の研修交流会で、森理事長のお話の中に「クロスエデュケーション」というキーワードが出てきました。

「クロスエデュケーション」とは、リハビリ業界で近年注目を集めている用語とのこと。

続きを読む

前回までお伝えしていた義父の体調は、ひとまず落ち着いているようです。ホッ。

なので、今回はちょっと日にちは前後しますが、娘の話。


先日、娘の発達障害で定期的に通っている病院に行ってきました。

続きを読む

前回(昨日)の記事では、都内の病院で朝から晩まで心臓の手術に向けて検査をした義父の話をしました。

本日も、義父の話ですみません。


今日は、私自身も前日の疲れを感じるほどでしたが、午前中は毎週楽しみにしている習い事に行きました。

続きを読む

今回は不登校関連の記事じゃなくてごめんなさい。

先日、長いことかかった細菌の病気、蜂窩織炎(ほうかしきえん)がようやく落ち着いて、退院を迎えた義父のことをこのブログでも書きました。

続きを読む

登校しぶりや不登校になるタイプの思春期の子どもは、つ離れの時期を過ぎるととても敏感になります。

暑さ、寒さ、痛さを肌に感じるとか、匂いや味に不快さを感じるとか、眩しさや雑音が辛く感じる、というだけではありません。

続きを読む

最近、カウンセリングをご利用してくださる方々から、どうしたら私のような考え方ができるようになるのか、という質問を立て続けに受けました。


……どうしたらいいのでしょうね〜?


続きを読む

今、蜂窩織炎(ほうかしきえん)という細菌の病気で4度目の入院をしている義父ですが、今回は投薬治療中の発熱で、処置も早かったため、抗生物質点滴の効果がすぐに出ました。

一旦熱がおさまるとその後は点滴をやめても平熱を維持しています。

続きを読む

昨年から4度目の入院をしている義父の話題です。

今回の入院は、義父にとってこれまで3回の入院とは、大きく違うことがあります。

それは、長いこと施設で介護状態にあった義母が亡くなったので、心配がなくなったこと。

続きを読む

↑このページのトップヘ