不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

2017年06月

もう長いこと施設に入っている義母のことです。

アルツハイマー病で寝たきりとなって、2年前にはガンも見つかっています。

その当時、主治医からは「ガンの進行はゆっくりだから、あと2年は大丈夫!」と言われましたが、とうとうその2年が来てしまいました。

続きを読む

前回に引き続き、ひきこもりUX会議の林恭子さんによる「ひきこもりの理解と支援」という公開セミナーからです。

今回は、林さんが長く続いたひきこもり生活から、元気を回復するきっかけとなったことをお伝えします。

続きを読む

発達障害の病院には、娘が中学1年生のころから通っていますから、もう丸5年同じ先生に診てもらっています。

前回の診察では、行く前から大泣きして大変だったことを記事でも書きました。
(そのシリーズの最初の記事がこちら


続きを読む

↑このページのトップヘ