三世代同居や、近くに祖父母が住んでいる場合、病気やケガなどで祖父母が入院したり、事情があって施設に入所したら、孫がお見舞いをすることは、「普通の子」にとっては当たり前のことかもしれません。

でも、「ST気質(発達障害及びその周辺のグレーゾーン)」の子を育てていると、当たり前にできることなんてほとんどなくて、すべてが努力の上でやっているのだ、ということがわかってきます。

そのため、アルツハイマーの末期でガンも併発している、寝たきりで意識のない、余命わずかな人を見舞うなんて、娘のような子にとっては最大級の挑戦だと思うのです。


本来は優しい子ですから、自分がお見舞いに行けないことに涙も流します。

家族もそれがわかっていますから、今回のようなことがあると、娘のがんばり一つひとつに感動して、優しい気持ちになれるのでした。


いろんな価値観の人がいますから、私のように、こんなことで娘に感動する人は、そうそういないこともわかっています。

何のトラブルもない家庭では、祖父母のお見舞いでもなんでも、すべてがスムーズに進んで、感動もなくスルーでしょう。

また、わが家と同じようなST気質の家族だったとしても、やる事なす事つまずきながらの子どもに対して、イライラが募るばかりの親もいることでしょう。

私も最初はそうでしたから、気持ちはわかります。


でも今は、娘のこういうところが、何事も丁寧に、小さなことに気づかせ、感動させてくれているのだと思います。

今回娘がおばあちゃんのお見舞いをしたことで、何人の大人が感動したことか…。

娘自身は無意識とはいえ、そういう働きかけが親にできる、大人にできるってだけで、この子にはすごい役目があるんだなぁ、と感じるのです。


なんてオメデタイ頭、と我ながら思いますが、これまでの経験からそうせざるおえなくて徐々になってきたのであって、最初からこうだったわけではありません。

もともとは私も常識にとらわれた、ガチガチ頭のお堅い人でしたから。

こういう娘が生まれたことで、眉間にシワの寄った苦悩の日々から、少しでも笑顔を増やすためにはどういう思考をすればいいのか、悩み、考え、努力した結果の「オメデタイ頭」なのです。


物質主義、成果主義の世の中です。

競争に勝つとか、効率の良さを求めるとか、今の社会が目指しているところに全く合わない娘のような人種を育てていると、とてもいろんなことを考えさせられます。

教育のあるべき姿とか、雇用の問題とか、福祉のあり方とか、社会として取り組む課題はいっぱいあります。

でも、ひとりの親がいきなり社会を変えることはできませんから、まずは最小単位の親子の関係だな、と思うのです。


困難さを抱える人は、幸せを感じてはいけない、と思うのは間違いですよね?

どんな人間だって、笑顔で暮らしていいはずですよね?


だから、困難の中にありながらも笑顔が出せる、楽しさが家庭にあればいい。

家庭の中で、幸せを感じるエピソードが作れればいい。

そう思うのです。


少しでも笑顔を出せるように、どういうふうに物事をとらえたらいいのか、って考えていくうちに、私は、娘が別に世の中の競争社会に出て行かなくてもいいんじゃないか、と思うようになりました。

幸せを、社会に出ることだけに求めるのは、逆に視野が狭いのではないかと…。

生産性を目的に生きている人にとっては呆れた意見かもしれませんが、もっと、生き物の人間として、生きているだけで価値があることに気づいてもいいんじゃないかと思います。


子どものことでつまずきを感じるのは、とっても辛いことです。

辛いのは苦しくて嫌なので、できれば経験したくないと避けたくなります。

でも、辛い経験をしたからこそ得られるものもありますから、辛さも決して悪いことではないんですよね。


得られるのは、優しさとか、思いやりとか。

些細なことに感謝や感動できる力とか。

孤独を恐れないとか。

辛さを味わった人ならではの深みのある笑顔というのもそうでしょう。


ほら。

娘はうちにいるだけで、こんなにもいろんなことを私に考えさせてくれる、大きな影響力があるのです。


きっと、今お子さんの発達障害や不登校、ひきこもりでお悩みの、このブログを読んでいるみなさんも同じだと思います。

子どもに対して、「生きているだけですごい、あなたは大物」って、お母さんが苦悩の果てに、胸を張って言えたら素敵ですよね。

また、そう感じる人、言える人が増えたら、世の中の仕組みも変わってくるかもしれないなー、とか思います。


ということで、今回はここまでです。
お読みいただきありがとうございました。  


海野しぶき



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
☝🏻👇🏻ポチっとしてランキングにご協力いただけるとうれしいです 

これから必要な人が見つけやすくなりますように   



 
未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち:不登校・ひきこもりの解決方法 
森薫  
 →Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  


  
通信制高校があるじゃん!2017−2018版 
学びリンク 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  


その他不登校・ひきこもり関連本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  


思春期の発達障害に関連する本を探す 
→Amazon/ →楽天市場/ →セブンネット  





























『思春期ブルー相談室』カウンセリングメニュー
  対面カウンセリング ▷
  電話カウンセリング ▷
  メールカウンセリング ▷
  別室「思"秋”期ブルーのへや」 ▷