不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。


私は、子どもの不登校を通じて思春期の子育てについて学び、子どもを「心の底から信じること」が
「管理、支配しないこと」に繋がると理解しました。

私のこれまでのやり方は、自分の思い通りにしたい支配欲によるもので、条件付きの愛だった、ということがようやくわかりました。

続きを読む


(続き)

私がある先生に、不登校初期の段階で言われていた言葉です。

「小さな親切、大きなお世話」
「小さな親切、大きな下心」

親が先回りしてちょっとした声を掛けるのも、子どもにとってはうるさいだけの余計なこと。
続きを読む


(続き)

すると間もなく、子どもが自分から外出することが増えました。
これまでなんとかかんとかしていた週一の放課後登校も、車送迎なしで徒歩で往復するようになったし、学校では担任の先生以外にも多くの先生とコミュニケーションするようになりました。

続きを読む

娘が中学1年生で発達障害とわかってから、
いろいろ本を読んだり、講演会に行き勉強しました。

そして、発達障害の子、またその周辺のグレーゾーンの子を「障害」と位置付けるのではなく「特性」としてとらえて、独自の表現で活動していらっしゃる先生方がたくさんいることがわかりました。

発達凸凹、ギフテッド、チャレンジド、パステルゾーンなど、いろんな表現があります。続きを読む

↑このページのトップヘ