不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。19歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

私はここでこうしてブログを書いていますし、ホームページでは『受容までの道のり』として文を載せていますので、

子どもの不登校やひきこもりで悩んでいるお母さん、お父さんが検索してたどり着き、コメントやメッセージを送ってくださいます。


続きを読む


『受容までの道のり』ぷちヒント


私が家族支援カウンセラーの資格を取った家族支援メンタルサポート協会では、

人にはない優れた才能を持ちながらも、基本的な人間関係能力に弱さがあり、集団が優先される環境の中で協調性を要求されると、辛くなってしまうタイプの人のことを『スペシャルタレント気質(ST気質)』と命名しています。


続きを読む

私の娘は中学1年で発達障害ADHDと診断されていますが、ASDとLDの要素も合わせ持つタイプです。

症状や特徴は、一人ひとり違うものですし、
最近は診断名を確定しないドクターも多いようで、実際娘も“発達障害”となんとなくしか告げられていません。


続きを読む

ST気質の特徴として、どんなことも納得しないと取りかかれない、というのがあります。

この特徴は、学校のような集団生活や自分のペースが許されない環境だとマイナスにしか働きませんが、逆に、マイペースが許されるところならばプラスに作用します。


続きを読む

この11月にあった高卒認定試験を受けた娘のことをブログしてきました。


いただいた読者のみなさんからのコメントにもあったように、ST気質(発達障害及びその周辺のグレーゾーン)の子は本当に集中力がすごいんですねー。


続きを読む

いつもブログを読んでくださる読者のみなさん、本日もお越しいただきありがとうございます!

そして、娘の高卒認定試験合格の記事にコメントを寄せてくれた、ピカルさん、げんまいさん、じょじょさん、saraさん、本当にありがとうございました!!


続きを読む

↑このページのトップヘ