不登校 ひきこもり 家族支援カウンセラー海野しぶきの思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。18歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

『受容までの道のり』ぷちヒント



子どもの不登校で悩んでいるお母さん。

過干渉が身についてしまって、子どもをひとりの人として尊重する感覚がよくわからない、という声をよく聞きます。


続きを読む

『受容までの道のり』ぷちヒント



今回書くことは、不登校やひきこもり、発達障害もST気質も関係なく、思春期の子育て全般にいえることだと思います。

続きを読む

『受容までの道のり』ぷちヒント



私は、不登校やひきこもりの子どもに対して、親は過干渉をやめていく努力が必要だと説明しています。

そこから発展して、最近思うことがあるんです。


続きを読む

少し前のことです。


その日は亡き義母の誕生日だったこともあり、義父からしばらく連絡が来ていないことを思い出しました。


続きを読む

『受容までの道のり』ぷちヒント



前回の記事で、「過干渉とは、子どもをコントロールし、変えようとしていること、またその気持ち」と説明しました。



続きを読む

『受容までの道のり』ぷちヒント


私は、思春期ブルー相談室のホームページでも、このブログでも、子どもが不登校やひきこもりで思春期ブルーに陥っているならば、親は自らの過干渉に気づき、なくしていく努力をした方がいい、と説明してきました。


続きを読む

小さな失敗といえば小さな失敗なんで、

どうでもいいことっていえばそれまでなんですけど……。


私自身、おっちょこちょいなところがあることは自覚しているので、

続きを読む

前回の記事で、家族は、それぞれがご機嫌でいられればいいのでは、ということを書きました。


どこにいても、何をしていても、お互いに尊重し合い、それぞれに充実感を持って生きていれば、それでOK。

続きを読む

少し前の記事で、

「家族は、どこに在籍していようがいまいが、ずっと家族なんだから、みんながご機嫌でいられることが一番」

ということを書きました。


続きを読む

↑このページのトップヘ