家族支援カウンセラー海野しぶきの 思春期ブルー相談室ブログ

中学1年生で発達障害ADHDと診断された娘。中学2年生のときに不登校が始まり、高校はわずか4ヶ月で中退しました。18歳の現在、本人はひきこもりから脱出しようと必死にもがいています。子どものつまずきに、親はどう対処したらいいのでしょう?どうやらそれには決まった道すじがあるようです。悩みまくりの子育てから脱出するためには、まず親の方が心を整え、子どもを受容することが大切だと、私は体験から学びました。このブログでは、今現在子どもの不登校・ひきこもりで悩むお母さんたちに向けて、その具体的な方法をお伝えしています。

先日ラジオから聞こえてきた、瀬戸内寂聴さんの言葉です。 

「家族の愛とは、たがいに束縛しあうのではなく、
それぞれの自由と自立とを認め合い、
励ましあって初めて成り立つものなのです。」

続きを読む

『思春期ブルー相談室』で私のメールカウンセリングを受けていた方から、メッセージが届きました!

カウンセリングでは、主にお悩みの事がらについて書いていただくので、最後のメールのやり取りが終わると、その後の心境の変化などは私にはわかりません。
(感想を送ってくださいとは伝えてないので…。)

続きを読む

このごろ、ブログのコメントやメッセージで、お母さんご自身の変化と、不登校やひきこもりだったお子さんが動き出すようすを報告してくださる方が増えました!


すべてが腑に落ちた
納得できた
覚悟できた
続きを読む

前回の記事の続きです。

照明を取り付けた翌日、娘の部屋の模様替えの主役、ドレッサーが届くことになっていました。

娘以上に夫が調べ抜いて注文した、三面鏡です。

続きを読む

先日夫が休みのに、娘の部屋の模様替えに必要なものは揃えておこうと、夫婦で天井に取り付ける照明を買いに行きました。

これまでは、二重になっている丸い蛍光灯に白いプラスチックカバーがついていて、天井に張り付いたごく一般的なタイプのものでした。

続きを読む

前回の続きです。

これまでの記事で、お正月の食事会に余裕を持ってしたくするつもりでいたのに、私のひと言「(洗面所に)入ってくれば」でフリーズしてしまった娘のことを書いてきました。


続きを読む

お正月、家族とおじいちゃんとの食事会を楽しみにしていた娘。

3時間かけてゆっくりしたくして出かけるつもりでいたのに、私のひと言「入ってくれば?」がきっかけでフリーズしてしまいました。

続きを読む

今年のお正月は、家ではこれといって何も準備しなかったのですが、義父と私たち家族で元日のお昼に会食することになっていました。

娘は、年末立て続けに外出した後遺症で夜型生活になっていましたが、元旦は早めに起きてシャワー浴びると言ってました。

続きを読む

↑このページのトップヘ